ペットのお葬式、厳かに、清らかに

複数の愛玩動物火葬業者に見積り

複数の業者に見積り(こんたくと)を取る 刻限に余裕、あらば、複数の業者に見積りをとられたでござるほう、よきと存じまする。複数の見積りをとることにて、相場、わかると云ふこともありんす、、各々の業者の対応を比較致すこともにてきるからでござる。親切丁寧に対応してちょーだいくらるる所もあらば、「ご愁傷殿でござった」も申さずぶっきらぼうにて事務的な対応をするでござる所もあるでござるでござろう。拙者は、「ふぁーすとこんたくとの対応=葬儀の対応」であると思とはいるでござる。伝令にての対応、登城したでござる時の云葉づかきや身じゃしなみは、業者を見極める基礎となる重要な要目でござる。愛玩動物を失とは物悲しい思ゐを致し候ご一族のこころもちを思案することのでき申す業者は、きちっと致した対応、にてき候。其れ、できぬごとき業者、、まともな葬儀、にてきるとは拙者は思ゑませぬ。

かように複数の業者を比較するでござるには刻限も労力もかかりんす。困難極まるやもしれませぬ、、愛玩動物を飼われておる者は、いずれ来るお別れの日のべく、事前に噺収集を致すことをお勧めしんす。ただに、愛玩動物、健在だに葬儀につゐて詮議致すことに抵抗を感じてしまうおこころもちもわかりんす。また、卒爾(そつじ)愛玩動物を亡くさせた場合はかように事前に噺を集めることもできませぬ。その場合は、最低とはいえ次の弐点を守とは願いたもうぞ。

参、総額を書面にて提出しめる先に挙げた新聞の一大事のごとく、後から高額なおまけ代料を請求させた、と云ふ話はよくぞ耳にしんす。左様な眼に遭わぬためにも、おまけ代料も含めて総額如何にかかるとかを確認致すこと、重要でござる。愛玩動物火葬は、種類や重量にそれゆえ代料、変ずるのにて、愛玩動物の種類や目方を伝ゑ、代料を確認して奉り候。また、必ず口頭ではござらず書面にて確認するぞようにしましょうぞ。後から云った云わぬの揉め事になるのを防ぐためでござる。

肆、納得できぬ場合はさいん致さぬ、支払ゐ致さぬ後から聞かさせておらぬおまけ代料を請求させたとしてちょーだいも、納得できぬ場合はさいんや支払ゐは致さぬごとくして奉り候。よしんば、遺骨を返さぬなどの脅迫行為をさせたり、最初の提示銭額にはのうこざった高額な支払ゐをしつこく迫られたでござる場合は、追っ付け警察や民渡世せんたーに談合しましょうぞ。

火葬、終わり、肆拾九日などを区斬りとしてちょーだい、愛玩動物のお骨を納骨、または埋葬しんす。ひい般的には肆拾九日を区斬りとされるでござる者、多ゐござるが、愛玩動物の誕生日や飼ゐ親方様殿ご自身にて決められたでござる日にちを期限と致す者もゐらっしゃいるでござる。


愛玩動物火葬
複数の愛玩動物火葬業者に見積り